多摩川花火大会2023の混雑状況や屋台は?トイレや穴場も!

※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク
うさぎさん
うさぎさん
こちらの記事では
多摩川花火大会の

  • 行きの混雑状況
  • 打ち上げ中の混雑状況
  • 帰りの混雑状況

などの情報をまとめています!

うさぎさん
うさぎさん
以下の点がおすすめです!

  • 公共交通機関の混雑を避けるためにも4時間以上前に行くのがおすすめ!
  • トイレはかなり混雑するので早めに行くのがおすすめ!
  • 大会後の帰りの混雑を避けるために打ち上げ終了前に帰るのがおすすめ!

多摩川花火大会でおすすめしたいのは以下のとおりです。

  • 渋滞を避けるために少し離れた場所から電車バスを利用するのがおすすめ!
  • 公共交通機関の混雑を避けるためにも4時間以上前に行くのがおすすめ!
  • 二子新地駅または上野毛駅から会場まで徒歩で行くなら時間に余裕を持っていくのがおすすめ!
  • トイレはかなり混雑するので早めに行くのがおすすめ!
  • 大会後の帰りの混雑を避けるために花火の打ち上げ終了前に帰るのがおすすめ!
  • 大会後の帰りの混雑を避けるために宿泊するのもおすすめ!
  • 車で行くならあきっぱがおすすめ!
  • モバイルバッテリーや携帯ラジオを持っていくのがおすすめ!
スポンサーリンク

多摩川花火大会2023の混雑状況は?

多摩川花火大会の混雑状況をまとめていきます。

多摩川花火大会2023の渋滞状況は?

多摩川花火大会は、川崎市の多摩川河川敷で開催される花火大会で、2023年10月21日の土曜日に4年ぶりに開催されるということもあり道路もかなり渋滞する可能性が高そうです。

そんな渋滞を避けるには多摩川花火大会会場周辺まで車で行かないということです。

多摩川花火大会の会場の中心地から離れた場所から電車バスを利用して会場に行くのがいいかもしれません。

特に電車は渋滞が無いので、ある程度時間通りに移動ができるのでおすすめです。

帰りも多摩川花火大会会場周辺の渋滞が少ない地域から車で帰ることができるのがいいですね。

多摩川花火大会2023の交通規制は?

過去に多摩川花火大会が開催されたときは交通規制が行われていました。

2023年の交通規制の情報は、川崎市のホームページなどを見ても詳しい情報は見当たりませんが、過去の開催時と同様の交通規制が行われる可能性が高そうです。

過去の交通規制情報はこちら

多摩川花火大会2023の公共交通機関の混雑状況は?

多摩川花火大会の公共交通機関である東急田園都市線二子新地駅または東急大井川線上野毛駅では、大会開始前から混雑する傾向にあるようです。

花火打ち上げ開始の18時頃の4時間以上前の14時頃には二子新地駅または上野毛駅に到着したいところです。

二子新地駅や上野毛駅自体も多摩川花火大会時には混雑するので、少なくとも4時間以上前には二子新地駅や上野毛駅に着くことをおすすめします。

多摩川花火大会会場から東急田園都市線二子新地駅または東急大井川線上野毛駅までの混雑状況は?

多摩川花火大会会場は駐車場がないので、最寄り駅の二子新地駅や上野毛駅は14時過ぎから人で大混雑しはじめるようです。

花火打ち上げ開始の18時の4時間以上前の14時頃には二子新地駅または上野毛駅に到着したいところです。

二子新地駅や上野毛駅自体も多摩川花火大会時には混雑するので、少なくとも4時間以上前には二子新地駅や上野毛駅に着くことをおすすめします。

多摩川花火大会会場から東急田園都市線二子新地駅または東急大井川線上野毛駅までの所要時間は?

多摩川花火大会会場は、二子新地駅または上野毛駅から会場までは徒歩で8分から15分ほどです。

普段と違って行く道が混雑する可能性があるので、通常の8分から15分にもう15分程余裕を見ておいたほうがいいかもしれませんね。

多摩川花火大会中の混雑状況は?

多摩川花火大会開催中の混雑状況や混雑予想をまとめてみました。

混雑状況・混雑予想
花火打ち上げ開始 人の出入りで混雑が予想される
花火打ち上げ中 そんなに大きな混雑は見当たらない
花火打ち上げ終了 花火打ち上げ終了前に帰り始める人もいる

過去の多摩川花火大会の花火打ち上げ中の混雑情報を調べてみましたが、特に大きな混雑情報は見当たりませんでした。

多くの人が花火を鑑賞しているため、その場から動くことが少ないからだと思われます。

会場の混雑情報ではありませんが、帰りの混雑を避けるために花火の打ち上げ終了前に帰り始める方もいるようです。

多摩川花火大会2023のトイレの混雑状況は?

多摩川花火大会のトイレの混雑状況ですが、過去に簡易仮設トイレが設置されていました。

しかし、例年、設置数以上の人がトイレ前に行列を作って非常に混雑しています。

トイレの混雑を避けるおすすめは花火の打ち上げ中に行くと、若干空いている可能性があります。

公衆トイレということもあるので、最悪の状況もありえるので水に流せるティッシュペーパー携帯用消毒液を持っていくのがおすすめです。

多摩川花火大会2023の帰りの混雑状況は?

多摩川花火大会は大会前よりも大会後の方が混雑するようです。

多くの方が一斉に帰り始めるので、分散して会場に来る大会前よりも一斉に帰る大会後の方が混雑する可能性が非常に高いです。

帰りの混雑を避けるおすすめは花火の打ち上げ終了前に帰り始めるかある程度時間を遅らせて帰るのがおすすめです。

あと、会場周辺で宿泊するのも一つの混雑を避ける方法ですね。

多摩川花火大会2023の帰りの混雑を避けるために宿泊するべきか?

多摩川花火大会終了後の帰りの混雑を避けるための方法として、次の日が休日という方なら宿泊するのもいいかと思います。

ホテル探すおすすめの順は以下の通りです。

多摩川花火大会終了後のホテルを探すのに楽天トラベルを利用するのがおすすめです。

普段は楽天市場で買い物をしないという人でも、宿泊施設の他に高速バスや航空券のクーポン割引がありますので、とにかく楽天トラベルのクーポンを一度チェックしてみることをおすすめします。

楽天トラベルのクーポンを日程・場所から検索ができるページはこちらです。

→楽天トラベルのクーポンはこちら!

最後に毎年3月、6月、9月、12月に楽天トラベルスーパーSALEが開催されます。このときは相当安い価格で国内外旅行ツアーを予約することができたり、特別なクーポンも発行されますのでおすすめです。

→楽天トラベルでホテルを探すならこちら!

多摩川花火大会2023の屋台は?

多摩川花火大会で過去に出店された屋台の詳細は以下の通りになります。

過去に出店された屋台

・焼きそば    ・たこ焼き
・じゃがバター  ・フランクフルト
・お好み焼き   ・唐揚げ
・チキンステーキ ・焼き鳥
・きゅうりの一本漬け
・鮎の塩焼き   ・タン塩ステーキ
・富士宮やきそば ・ホタテ串焼き
・つぶ貝串焼き  ・ケバブ
・肉巻きおにぎり ・甲府鳥もつ煮
・ローメン(ラム肉の焼きそば)
・シャーピン(おやきに餃子のあんを詰めたもの)

多摩川花火大会2023の屋台の混雑状況は?

多摩川花火大会の屋台の混雑の情報は見当たりませんでしたが、4年ぶりの開催ということもあり2023年は屋台についても非常に混雑することが予想されます。

多摩川花火大会2023の詳細は?

多摩川花火大会の詳細な情報は以下の通りです。

大会名 多摩川花火大会
開催日程 2023年10月21日(土曜日)
打ち上げ時間 18時~19時
打上数 12,000発
開催場所 川崎市高津区諏訪二丁目先 多摩川河川敷

多摩川花火大会2023の打ち上げ開始時間は?

多摩川花火大会の開催時間が18時〜19時の間ということなので、18時頃が花火の打ち上げ開始時間になると思われます。

多摩川花火大会2023の有料観覧席は?

多摩川花火大会の有料観覧席の詳細は以下の通りです。

有料観覧席区分 価格
お値段はパイプ椅子席 5,000円(1名分)
ペアシート 13,000円(2名分)
ファミリーシート 20,000円(定員4名)
パイプ椅子(上野毛会場) 4,500円(1名分)
ペア席(パイプ椅子2脚)(上野毛会場) 13,000円(2名分)

多摩川花火大会の駐車場は?

目的地である多摩川花火大会の会場周辺に到着してから駐車場を探すのは非常に面倒ですよね…

そんなときに便利なのが、駐車場を事前予約・決済が出来るあきっぱ!を利用することです。

あきっぱなら全国に約38000箇所駐車場があるので目的地に近い駐車場が見つけられ、15分から予約可能なので利用する時間も調整可能です。(駐車場で貸し出し時間は異なります。)

駐車場が不安な方にはあきっぱがおすすめです。

→駐車場が予約できるあきっぱはこちら!

多摩川花火大会のアクセス方法は?

多摩川花火大会の会場へのアクセス方法は以下の通りです。

アクセス方法 詳細
公共交通機関 川崎会場  東急田園都市線 二子新地駅から徒歩約15分
      東急田園都市線 高津駅から徒歩約25分
上野毛会場 東急大井川線 上野毛駅から徒歩約8分
      東急大井川線 二子玉川駅から徒歩約9分
第三京浜道路 玉川ICから約5分

多摩川花火大会の閲覧スポットは?

多摩川花火大会の穴場について調べてみました。

多摩川浅間神社が穴場のようです。

少し遠いですが大蔵トラックが穴場のようです。

多摩川浅間神社の展望台は絶好の穴場とのことです。

多摩川花火大会に持っていくべきものは?

多摩川花火大会に行くときに以下のものを持っていくのがおすすめです。

・モバイルバッテリー
花火大会までの時間つぶしや、大会会場周辺の混雑状などを調べるなどすると、スマホのバッテリーが心配ですよね。

そんなときに1つモバイルバッテリーがあると安心ですね。

・携帯ラジオ
スマホでラジオを聞くことは可能ですが、若干の遅れがあるそうです。

リアルタイムで実況が聞けるので、携帯ラジオがおすすめです。

その他にも以下のものを持っていくことをおすすめします。

持っていくと便利なもの 持っていくと便利な理由
・ハンズフリー扇風機 大会会場は屋外なので、熱中症対策として
・虫除けスプレー 大会会場が屋外なので、虫刺されの可能性があるので
・レジャーシート 地面にそのまま座ると痛いのと、服が汚れないので
・レインコート 突然の天候の変化のためにも
・ウェットティッシュ 手が汚れたときやトイレに行ったときに便利です。
・スマートタグ 持ち物の紛失防止やお子さんの迷子防止に
・ゴミ袋 屋台などの飲食のゴミをまとめるのに便利です

多摩川花火大会の混雑を避けるなら4時間以上前に行くのがおすすめ!

今回の記事では、多摩川花火大会について記事をまとめてみました。

記事の内容をまとめると、以下の通りになります。

  • 渋滞を避けるために少し離れた場所から電車やバスを利用するのがおすすめ!
  • 公共交通機関の混雑を避けるためにも4時間以上前に行くのがおすすめ!
  • 二子新地駅または上野毛駅から会場まで徒歩で行くなら時間に余裕を持っていくのがおすすめ!
  • トイレはかなり混雑するので早めに行くのがおすすめ!
  • 大会後の帰りの混雑を避けるために花火の打ち上げ終了前に帰るのがおすすめ!
  • 大会後の帰りの混雑を避けるために宿泊するのもおすすめ!
  • 車で行くならあきっぱがおすすめ!
  • モバイルバッテリーや携帯ラジオを持っていくのがおすすめ!

以上、それではお気をつけて!